概要

アルルカン・マガジンは、2009年によってフォトグラファーポートフォリオとしてアルルカン・フォトグラファーという名前でスタートしました。目的は、日本のヴィジュアル系音楽と写真撮影が大好きでこの二つのテーマを組み合わせてプロジェクトが生まれました。何年にもわたってプロジェクトはどんどん大きくなってインタビューやジャーナリズムなども追加され、最終的に「フォトグラファー」の名前だけで続けられませんでした。

2021年加してプロジェクトは、正式に「フォトグラファー」から「オンラインマガジン」にアップグレードしました。名前が「アルルカン・フォトグラフィー」から「アルルカン・マガジン」に変更されました。 アルルカン・フォトグラフィーは現在、マガジンの写真ポートフォリオです。

 

アルルカンのポートフォリオ

主にヴィジュアル系のジャンルを対応しておりますが、機会があれば、J-RockやJ-Metalなどの他のジャンルのアーティストとも協力します。

ヴィジュアル系は、日本発祥の非常に演劇的な音楽ジャンルです。このジャンルのアーティストの音楽は、ポップからヘビーメタルまでの範囲となって、その範囲の中にあるものも全ても含まれます。ヴィジュアル系アーティストが音楽で語りたいストーリーに更に追加する為に音楽と派手(しばしば中性的)な格好を組み合わせます。個々のミュージシャンは、このスタイルで自分達を自由に表現する事ができます。このスタイルに慣れていない人々が多いけど、このジャンルは、西洋の「グラムロック」に大きな影響されています。
このユニークなジャンルについて詳しく知りたい場合は、ウィキペディアのページを確認してください。 (もちろん、いつでも私達に尋ねることが出来ます!)

何年にもわたって、摩天楼オペラ、ダウト、ONE OK ROCK、Nocturnal Bloodlust、Crossfaith, Versailles、Jupiter、BAND-MAIDなどのアーティストと協力してきました。

 

影響

もちろん、この雑誌の主な影響はジャンルとアーティスト自身ですが、ジャンルの様々な出版物が日本にありますけれど、その中に私達の興味を引いたのは、一つあります。ROCK AND READです。「SHOXX」や「Cure」などの他の出版物と異なり、この雑誌はアーティストや個々のミュージシャンにフォーカスして、彼らの業界で現在何のイベントが起こっているかだけではなく色々な質問し、インタビューと素晴らしいプライベート写真撮影を組み合わせています。
このマガジンのスタイルに着想されてアルルカン・マガジンは、同じ様なワークスタイルを目指しています。オランダ語と英語を使用しながら、海外で宣伝する事で日本のアーティストと海外のファンの皆さんとのギャップを埋める様に努めております。

 

提供させるサービス

マガジンと写真撮影系サービス

*インタービュー、記事
*ライブフォトグラフィー(ライブ中での撮影)
*スペシャルフォトグラフィー(裏舞台撮影、アルルカンの記事とインタービューに載せる為の写真
*プライベートフォトグラフィー(観客のいらっしゃらないプライベートな場所での撮影。アーティストは、自分の宣伝の為にこの撮影の写真を使用しても良いです。または、アルルカンがアーティストを宣伝する為にそのアーティストについての記事にその撮影の写真を載せる形も可能です。)
オンラインフォトグラフィー(スカイプ又はズームなどを使用してリモート撮影も可能です。)

備考:アルルカンのフォトグラファーは居住地がオランダですので、現在日本でライブ・スペシャルフォトグラフィーの撮影は可能ではありません。

追加サービス

歌詞の英訳
*グラフィックデザイン、ウェブデザイン